読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Lives Go On

音楽鑑賞とお酒が大好きなサラリーマンが感動した曲を紹介するブログ。

スポンサードリンク

Kanye West「Power」

今回ご紹介するのは「Kanye West」の「Power」という曲です。

 

Kanye West - POWER - YouTube

 

【日本語字幕付き】【LIVE】カニエウェスト (Kanye West) / Power - YouTube


おそらく日本人であっても、ほとんどの方は一度くらいはこの曲を耳にしたことがあるのではないでしょうか。まさに名曲ですね。

Kanye Westは説明するまでもないくらい有名なアメリカのミュージシャンであり、ヒップホップMC、及びプロデューサーとして知られています。1977年6月8日生まれということで、キャリアも長いです。

実は私はだいぶ前からこの曲が大好きで、もういったい何度聞いたことかわかりません。そんな中、最近オランダ人DJのSan Holoが私が住んでいる街のクラブにツアーでやってきまして、彼は「Trap」と呼ばれているEDMの一分野で有名ですから、この機会にTrapにじっくり浸かってみたいと思い、私もクラブまで足を運びました。

 

San Holo


彼と言えば、やはり何と言っても「Dr. Dre」の「The Next Episode」のリミックスです。既にYouTubeで1億回以上再生されています。

 

Dr. Dre - The Next Episode (San Holo Remix) - YouTube


もちろん当日この曲が流れた瞬間はオーディエンスは大興奮だったわけですが、彼は今回上述の「Power」もかけてくれて、私は全く予想していなかったのでめちゃくちゃテンションが上がりました。あらためて、とんでもない曲だなと思い、今回ブログに書いてみようと思ったのです。

結局のところ、こういう曲が正真正銘の「ヒップホップ(hip hop music)」なのだと私は思います。
皆さんは、ヒップホップの歴史ってご存知ですか?
いい感じにまとめてくれているサイトは既に山のようにありますから端折りますが、Afrika Bambaataaという人がいて、ヒップホップ宣言により、抑圧された生活の中で溜まったストレスや抵抗の心を暴力ではなく音楽に向けようじゃないか、と人々を促したわけです。

ですから、そういった歴史を踏まえると、これこそがヒップホップ!と言えるのではないでしょうか。
歌詞の中で、「No one man should have all that power」という表現が何度も出てきますが、ここでいう「power」は力一般というよりは「権力」のことであり、「一人の人間が力を持ち過ぎるべきではない」ということを言っているわけです。もちろんこのメッセージの対象はアメリカ大統領であったりするわけですが、歌詞をよく確認してみると他にも本当にいろんな深いことを言っていて、それが彼のパフォーマンスにより芸術作品として昇華されています。

兎にも角にも、素晴らしい曲です。ぜひじっくり聴いてみてください。